熱媒体油

JX ハイサーム

装置の加熱用熱媒体油

合成繊維、薬品、樹脂などをはじめとする各種化学工業や食品工業においては装置が大型化し、加熱容量の増大とともに品質の向上、工場操作、管理の合理化などの面から反応装置における反応熱の制御が重要な問題となっており、加熱方法も従来の電熱法および直火法に代わり熱媒体油を使用した間接加熱法が広範囲に用いられるようになりました。
熱媒体油を使用した間接加熱法の特長は
(ⅰ)低圧にして高温が得られる。
(ⅱ)局部加熱を防ぎ均一加熱ができる。
(ⅲ)温度、伝熱量の制御が自由で精密である。
(ⅳ)急熱、急冷操作が可能である。
などの利点があり、ハイサームをご使用になれば上記特長を十分発揮することができます。
ハイサームは高度に溶剤精製された鉱油系熱媒体油で特に高温酸化安定性に優れているので長時間にわたりご使用いただいてもスラッジを生成することが少なく、安定性が優れ、非腐食性のため装置材料の選定に特に制限はありません。

メーカー商品案内はこちら

その他、油に関する事なら何なりとご相談ください。